売却・購入の流れ│千里丘ハウジングセンター 太平産業株式会社|千里丘・吹田市・摂津市・北摂エリアを中心にマンション・戸建住宅など安心の住宅販売

売却・購入の流れ│千里丘の不動産は千里丘ハウジングセンターへ

不動産・住宅などの売却をお考えの方は千里丘ハウジングセンターにご相談ください。
お客様の愛着ある住宅を大切に扱い、売り手様・買い手様いずれにも最良のお取引となるよう尽力いたします。

ご購入スケジュール

お問い合わせ ご来店・TEL・メール他

エリア他マンション、戸建等住宅の種類・資金計画等予算組み・時期 他 希望をヒヤリング

資料のご提示
物件のご案内

住宅ローン事前申し込み
住宅ローン利用にて購入の場合の購入可、不可を判断する簡易申込
※事前審査にて承認後も、お客様の転職等の条件変更や申し込み内容
  に事実と 相違する場合等で、本申込の審査にて承認されない場合が
  御座います。
※下記 【事前審査申し込み時の必要書類】 要参照

購入申し込み

契約日時・場所、手付金の額、引渡しの時期等を具体的に書面(購入申込書)
にして内容交渉。 
※下記 不動産用語の意味 購入申込書 参照

一週間程度 

重要事項説明

売り主様との条件が整いましたら、売買契約の締結に先立ち、宅地建物取引主任者より
「重要事項説明書」 による物件の詳細な説明を致します。重要事項説明書はその名の
とおり、取引する物件や取引条件等 に関する重要な事項について説明する書類です
ので、事前に十分ご確認・ご理解いただくようお願いします。

※下記 不動産用語の意味 重要事項説明 参照

売買契約

重要事項を説明し、内容をご理解いただいた後、売買契約の締結を行います。売買契約の
締結にあたっては、 売り主・買い主様と当社スタッフが立ち会いのもと、売買契約の説明
を行い売り主・買い主様双方が売買契約 の内容をご確認・ご理解いただいた後、記名・
押印のうえ手付け金の授受を行います。

※下記 不動産用語の意味 売買契約 参照

金銭消費貸借契約 印紙代

金融機関と住宅ローン貸し借りの契約締結(金銭消費貸借契約)
住宅ローン実行及び住宅ローン返済の為の口座開設
他、火災保険申し込み・手続き

下記 不動産用語の意味 金銭消費貸借契約 参照

決 済

残代金の支払い(住宅ローンの実行)・所有権移転登記、抵当権設定登記等司法書士により実効。
固定資産税等日割り清算、仲介手数料残金支払い。

権利書証作成(司法書士) 残代金の支払い(決済)と同時に手続き開始

司法書士の作業により、権利書は通常は2~3週間程度で出来あがります。
お客様へのお届け方法は御相談下さい。

取引の完了

お問い合わせは0120-26-5601

ページトップへ戻る

事前審査申込にご用意頂くもの

・申し込み書類
 ・ローン事前審査申込書 注)本人自筆

【確認書類】
 ・本人確認資料(運転免許証・パスポート等)
 ・収入証明書(写)※下記ご参照
 ・健康保険証
 ・(お借り入れのある場合)現借入返済予定表(写)

【物件関係】 ≪当社にてご用意≫
 ・物件パンフレット
 ・物件所在地(住宅地図)
 ・謄本(土地・建物)
 ・公図・地積測量図
 ・建物見積書(新築時)
 ・建物図面(新築時)
 ・その他(前面道路確認の謄本等) 
 
※収入証明書
 給付所得者の方・・・・源泉徴収票(写)
 自営業の方・・・・・・確定申告書(写)3期分・納税証明その1・その2
 法人の代表者の方・・・決算書(写)3期分
 勤続年数3年未満の方・・職歴書提出

お問い合わせは0120-26-5601

ページトップへ戻る

不動産購入に必要なもの

不動産購入にあたり、事前に知っておくと便利な
必要な物の一覧です。具体的な手続きの際は、
あらためて書面にてご案内します。
 
【売買契約締結の際に、ご用意頂く物】
 ①印鑑(共有の場合各々)
 ②売買契約書貼付印紙、または印紙代
 ③手付け金
 ④仲介手数料(半金)
※売買契約の締結に際し、ご本人(共有者を含む)が出席できない場合、ご本人の委任状と印鑑証明書が必要になります。 なお、各必要書類については、随時担当者にご確認ください。
 
【住宅ローン利用の際に、ご用意いただく書類等】
 ①ローン申込書
 ②実印(共有の場合各々)
 ③印鑑証明書(3ヶ月以内発行のもの)
 ④住民票(家族全員続柄記載)
 ⑤源泉徴収票(給付証明書)※事前審査でご用意いただいている場合不要
 ⑥住民税決定通知書(又は住民税課税証明書))※事前審査でご用意いただいている場合不要
 ⑦内容により追加書類

【金銭消費貸借契約時に必要なもの】 
 ①諸費用(取扱事務手数料・金銭消費貸借契約書貼付印紙代・保証料等)
 ②実印(共有の場合各々)
 ③金融機関預金通帳・銀行届出印
 ④身分証明書(運転免許証)※原本提示
 ⑤健康保険証※原本提示
 ⑥売買契約書※原本提示
 ⑦重要事項説明書※原本提示
 ※諸費用については金融機関により多少の違い有、詳細は担当者までお
  問い合わせ下さい。

【決済・残代金支払い・引き渡しの際に、ご用意いただくもの】
 ①残代金
 ②印鑑(共有の場合各々)
 ③運転免許証(高額振込及び出金のため)
 ④登記費用(所有権移転・抵当権設定等)
 ⑤住宅用家屋証明書(軽減措置対象の場合)※現在お住まいの賃貸契約書等
 ⑥固定資産税等精算金
 ⑦管理費等精算金(マンションの場合)
 ⑧仲介手数料残金
 ※住宅ローン利用の場合
 ⑨実印
 ⑩印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
 ⑪金融機関預金通帳・銀行届出印
 ※新住所への住所変更手続きが必要になる場合がありますので、  随時担当者にご確認ください。

お問い合わせは0120-26-5601

ページトップへ戻る

不動産用語の意味


【購入申込み】
 ご購入希望の物件が見つかりましたら、口頭ではなく、売買代金の支払い方法や物件の引き渡し時期
 等、契約に向け具体的な条件を不動産購入申込書という書面にして、署名押印して頂き、売り主・買い
 主様双 方の契約希望条件等の調整を行います。

【事前審査】
 住宅ローン本申込まえに、金融機関で行う予備審査(基本購入申込前に行う)

 ※事前審査申込書の内容は正確に記入お願い致します、本申込の内容と
 違いがあれば内定取り消しの場合があります、また事前審査内諾後であっても
 何らかの都合により、住宅ローン本申込が不承認となる場合が御座います。
 
【重要事項説明】 
 不動産取引で、下記内容を契約前に書面にて購入者又は借主にたいして、宅地建物取引主任者
 より資格証提示の上、説明する、宅地建物業法に定められた重要な事項。
 説明する内容や項目は、次項に記載(取引の内容により説明する内容には違いがあります。)
   
   [権利関係]
   取引の対象となっている宅地建物に関して、登記された権利の種類・内容・登記名義人・
   登記簿の表題部に記録された所有者の氏名(法人の場合は、その名称)を明記し、説明します。

   [法令上の制限]
   都市計画法・建築基準法・その他法令に基づく制限で、契約内容の別(契約の目的物が
   宅地か建物か、契約が売買か交換かあるいは貸借かの別)に応じて、政令で定めるものに関する
   事項の概要を明記し、説明します。

   他、説明する多項目例
   私道の負担・水道・電気等の施設の整備状況・未完成物件の場合の完成時の形状区分所有建物
   の場合(区分所有建物(マンション)の場合、1棟の建物・その敷地に関する権利・これらの管
   理、使用に関する事項で、契約内容の別に応じて、国土交通省令で定める事項を明記)
   代金・交換差金・借賃以外に授受される金銭の額・契約の解除・損害賠償の予定額・手付金等の
   保全措置・支払金等の保全措置・ローンのあっせん内容等・瑕疵担保責任の履行に関する事項・
   その他国土交通省令で定める事項・供託所等に関する事項等

【売買契約】
 契約書は、両当事者間で合意した取引の内容(条件)を明記したものであると同時に、
 万一紛争が生じた場合に、その解決の基となる書面で、争いが起こってしまった場合、
 口頭による契約であれば、「言った、言わない」で終始してしまい、問題の円滑な解決
 図れなくなってしまいます。そこで、不動産取引においては、契約書を作成し契約
 の当事者各々の立場や内容を明確にする重要な行為。

【金銭消費貸借契約】
 将来の弁済を約束した上で、金銭を費するために借り入れる契約のこと、
 (一般的には金消契約と訳されることもある)。
 実際に金銭の貸し借りを行う際に金融機関と直接交わす契約、
 銀行の担当がお客様と内容の説明(期間や金利等の条件)を行いながら交わされる契約。
 一般的には、決済の1週間~10日程度前に行います。

お問い合わせは0120-26-5601

ページトップへ戻る

不動産購入の諸費用について

購入のために必要となる諸費用とは
しっかりとした資金計画にもとづいた購入プランをご提案します。

 ①仲介手数料
  成約価格の3%+6万円(別途消費税)
 ②印紙税
  売買契約書やローン借入の契約書に収入印紙を貼付します。
 ③登記費用(登録免許税および司法書士報酬)
  土地建物の所有権移転登記(新築の場合は表示・所有権保存登記)
  ローン借入をする場合の抵当権設定登記
  固定資産税評価額(借入金額)×税率
  居住用不動産の場合軽減措置があります。
 ④銀行保証料(住宅ローン利用の場合)
 ⑤火災保険料(物件等の違いや保険内容により6万円位~70万円位まで)
 ⑥銀行諸費用(事務手数料等)
 ⑦不動産取得税
  融資手数料・保証料・印紙代・火災保険料など
 ※上記以外に固定資産税・管理費等の精算金・引っ越し費用等かかります。
 
 諸費用の目安として 購入予定価格の約7%~10%
※住宅ローンの内容、火災保険料の内容、登記費用(司法書士代金)により差が出ます。

お問い合わせは0120-26-5601

ページトップへ戻る

いつどのような費用が必要か

【売買契約締結の際に必要な資金】
 手付け金(売買代金の5%~10%が目安で要相談・※額ローンの場合でも一旦ご用意頂くのが基本)
 印紙代(売買契約書に貼付します)
 仲介手数料(契約時に半金)

【金銭消費貸借契約の際に必要な資金】
 印紙代(ローンの契約書に貼付します)

【残代金支払・引渡しの際に必要な資金】
 残代金(売買代金よりすでに支払った手付金等を差し引いた金額)
 固定資産税(4月1日起算日で日割り計算)
 管理費等精算金(月額を、日割り精算)
 登記費用(司法書士代金含む)
 ローン諸費用(事務手数料・保証料など)
 仲介手数料(引渡し時に半金)
 火災保険料・地震保険料
 その他引越費用など
 
 ※不動産取得税(登記完了2~3ヶ月後が目安)

お問い合わせは0120-26-5601

売却スケジュール

お問い合わせ・相談

売却の時期や動機など、お話可能な部分で御相談。希望売却価格の聞き取り
相場や最近の不動産傾向等御説明(ご訪問時にご相談でも可)

現地訪問・調査

現 地(日当たり・前面道路の状況・間取り・騒音・室内
    設備の利用状況・瑕疵の有無ヒヤリング等)


法務局(登記簿の確認・地積測量図の有無確認・建物図面
    の有無確認・公図の確認 )
市役所(建築指導課にて建築基準法道路の確認・道路課道
    の種類名前の確認・下水道埋設状況確認・用途地
    域及び法令上の制限の確認)
水道局(上水道の埋設管などの確認) 他

売却方法相談

条件 価格や時期等、広告の可否等・販売中の御注意点等の打ち合わせ。

売却依頼(専属専任、専任、一般媒介契約)

ご売却を決定したら、仲介業者との間に売却を依頼する「媒介契約」を結びます。
媒介契約には下記の3種類があります。
[専属専任媒介契約書]
  特定の不動産業者に仲介を依頼し、他の不動産業者に重ねて依頼することができない契約です。
  不動産業者は、依頼主に対して1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務があります。
  また依頼主は自分で購入希望者を見つけることはできません。
[専任媒介契約書]
  「専属専任媒介契約」と同じく特定の不動産業者のみに仲介を依頼する契約です。
  不動産業者は、依頼主に2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を報告する義務が
  あります。依頼主は、自分で購入希望者を見つけることができます。
[一般媒介契約書]
  複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができる契約です。
  不動産業者は、依頼主への報告義務はなく、依頼主も自分で購入希望者を見つけるこ
  とができます。

※それぞれにメリット・デメリットがありますので御相談の上ご選択下さい。

売却活動

近畿レインズ登録(業者内流通機構)

当社登録の購入希望者の方にご紹介

広告活動(インターネット、チラシ、タウン誌、店頭等)

お客様ご案内

図面などでは分からない
現地の日当たり・前面道路の状況・間取り・騒音・室内設備の利用状況等
体感する大きさやロケーションをご確認いただきます。その他、ご質問等の
ご応対

購入申込み

契約時期・資金計画等具体的なお話合いの上、後日行き違いの無い様に
購入申込書に条件記載の上、記名捺印頂き、購入申込み頂きます。

契 約

具体的な契約交渉(時期や資金計画等を明確にして)後
双方条件が整いましたら、重要事項説明(必要により
補足資料)による法的な説明を受けて頂き、売買契約
書に署名捺印と同時に契約手付金の授受を行います。

売主様の契約時必要経費は、基本仲介手数料半金
と契約印紙代 だけです。

決 済 

引 渡  残代金の受け取り、固定資産税等日割り費用等の清算の上
      権利書・売渡し書(司法書士)、仲介手数料残金の支払

取引の完了

お問い合わせは0120-26-5601

ページトップへ戻る

おすすめ物件情報

大阪府知事免許 (16) 第1294号

千里丘ハウジングセンター

大阪府宅地建物取引業協会正会員
全国宅地建物取引業保証協会会員

    住所: 摂津市千里丘1-9-14
   (住所をクリックすると地図表示されます)
    TEL: 06-6380-5601
    FAX: 06-6387-2480
    mail:
info@senrioka-hc.jp

イメージ

---------------------------------

弊社は北摂地域を拠点に、昭和30年頃より
吹田市千里丘中、樫切山周辺、摂津市香露
園(ちなみに香露園という地名は弊社社長、
香田の一字を取り入れ名付けたものです)、
茨木市北春日丘、高槻市安岡寺町1丁目
から5丁目、約2,500区画(この町名は開発
時、近くのお寺様の許可を頂き、町名を命名
致しました)他、約363,000坪の街づくりを行
っている創業65年、太平産業(株)の流通部
門として一戸建マンション・土地等の不動産
売買の仲介・賃貸の仲介と管理、建築建て
替え工事他、リフォーム等住宅に関する業務
を行っています。これからも今迄の信用と
実績を生かし、地元の皆様に貢献させて頂き
たいと思います。
北摂でお家探しをお考えの方、まずは弊社
にお声掛け下さい。
豊富な知識と経験で対応させて頂きますので
宜しくお願い申し上げます。

ページトップへ戻る